FC2ブログ
cafecasa
http://cafecasa.blog9.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
東から西へ ヨーロッパ旅行記 ワルシャワ・ショパンの心臓
2009-07-28 Tue 03:12
ワルシャワにある聖十字架教会。
ここは、ショパンのファンには聖地だ。

th_DSC_5317.jpg

本堂の左手前にある石柱の下には
「ショパンの心臓」が埋められているらしい。

th_DSC_5338.jpg

第二次世界大戦中、ドイツ軍に街を燃やされてしまったワルシャワ。
この教会も例外ではなく、ダイナマイトで爆破された。
ほぼ3分の1が破壊されたとき、ショパンの心臓は運び出されたという話。

戦後、教会は建て直され1945年10月17日ショパンの命日に元の場所に
戻されたと言われているが・・・

誰も、ショパンの心臓を運び出す所など見ていないという。

おそらく、ナチス ドイツの火炎放射器によって
ショパンの心臓は燃えてしまったに違いない。
それでも、ここにはショパンを愛する参拝者が絶えないという。
信じれば、嘘も本当になるのかもしれない・・・。
th_DSC_5335.jpg
ショパンの心臓が埋められているとされる石柱

th_DSC_5320.jpg
聖十字架教会の直ぐそば、ショパン一家の住居跡
スポンサーサイト

別窓 | チェコ・ポーランド・スペイン・ポルトガル旅行 | コメント:1 | top↑
<<Hanakoに・・・ | caf'e casa blog | 東から西へ ヨーロッパ旅行記 ポーランド・ワルシャワ>>
この記事のコメント
#806 ZvIBgynXKCzoaDNqhd
2011-11-13 Sun 06:24 | URL | fzzfrnbwql #NpSirnTQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| caf'e casa blog |
copyright © 2006 caf'e casa blog all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。