FC2ブログ
cafecasa
http://cafecasa.blog9.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
モロッコ・スペインの旅 その2 カサブランカ~マラケシュへ
2006-02-17 Fri 18:33
深夜にカサブランカ空港へ着いた。
これからホテルを探さなければならない・・・
それにしても、女一人。
タクシーに一人で乗るのは危険だ。

モロッコでは乗り合いタクシーというものがある。
同じ方向を目指す者同士が相乗りして運賃を折半するのだ。
私も早速、相乗りしてくれる相手を探した。
きょろきょろしていると、小柄なお兄さんが英語で声をかけてきた。
「一緒にカサブランカ市内まで行かないか?」と。
彼の名はハシム。
1140167901_37414.jpg

よくよく話を聞いたら、彼は名古屋の工場で仕事をしている
モロッコ人で、片言の日本語も話せる。
日本には6年前から住んでおり、韓国人の奥さんと子供がいる。
モロッコのメルズーガ出身で、6年ぶりの里帰りと言うことだった。
久しぶりにモロッコへ帰れたのに、一週間しか居られない・・・
日本の会社は休ませてくれない・・・と文句を言っていた。
信用出来そうな感じがしたので、
彼と一緒にタクシーに乗ることになった。

タクシーの運転手への希望のホテルの交渉も、
ハシムがアラビア語でしてくれて大いに助かった。
こうして、難なく初日のホテルは確保。
少し高いと思ったが、これ以上下げるとノミやシラミが沢山いる。
と言われ、一泊3000円ほどのホテルに泊まることにした。
ハシムも隣の部屋を確保。お互い長旅で疲れていたので早々に眠りについた。
1140167924_37580.jpg



夜が明けて、すぐに移動。
カサブランカにはあまり見所がないと聞いていたので
後ろ髪引かれつつも列車でマラケシュへと向かった。
ハシムはメルズーガに向かうためにメクネスまで行くというので
駅まで一緒に行った。
映画「カサブランカ」の舞台となったこの街を少し見てみたいとも
思ったのだが・・・
casablanca.jpg


列車で3時間半。
同席したモロッコ人の親父に気に入られてしまって
ジュースとパンをご馳走になったまでは良かったのだが
携帯電話で色々な友人に電話をかけまくっては
「今、ジャパニーズガールと一緒に居るんだ!!!」と
自慢げに話しては、私を電話口に出そうとする。
英語は話せないから困る!!と言ってるのにしつこい。
5~6回そんなやり取りを繰り返し、面倒くさくて
くたくたになってしまった。
早くマラケシュに到着してほしい・・・
一人になりたい・・・・

やっと・・・たどり着いた。
モロッコ・マラケシュ。
1140167403_34234.jpg

マラケシュ鉄道駅

マラケシュの街はサーモンピンクに統一されていて
かわいらしい街だ。
1140168594_41449.jpg

1140168615_41577.jpg

ここから本当の旅が始まる。
スポンサーサイト

別窓 | モロッコ・スペインの旅 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<モロッコ・スペインの旅 その3 マラケシュ到着! | caf'e casa blog | モロッコ・スペインの旅 その1 旅立ち・・・ついにアフリカ大陸へ!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| caf'e casa blog |
copyright © 2006 caf'e casa blog all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。